ファミリーフェス2018に参加しました

西日本建設関連オーナー会とKURS(近畿生コン関連協議会)主催によるファミリーフェスに大阪広域生コンクリート協同組合もご招待いただき、参加させて頂きました。

 

今回のイベントは、業界の再建と健全化を推進していく第一歩として、組合員と組合員を支えるご家族に楽しんで頂くため、催しを中心に飲食等ほとんどが無料で楽しめるような内容でした。

 

参加者は3000人を超え、開場から閉会までたくさんの家族が楽しんでおられました。

 

 

西日本建設関連オーナー会顧問として木村 貴洋氏が『生コンクリート業界の回復・信頼・協調』を訴える力強い呼びかけとともに開幕宣言が行われました。

 


 

イベント盛りだくさんのファミリーフェス、メインステージでは

HUGっと!プリキュアショー

仮面ライダービルドショー

ビューティーこくぶものまね&トークショー

FM OH!抽選会

子供抽選会

女性限定抽選会

と、盛りだくさんのプログラムで子供から大人まで大盛り上がりでした!


 

フードコートには有名なB級グルメがずらりと並び、

縁日コーナーでは射的、輪投げ、スマートボールで子供達が大盛り上がり、

ふわふわ遊具でもみんな順番を守って仲良く遊んでいました!

赤ちゃんとお母さんのためのコーナーも充実していました!

授乳用のテント内には離乳食を温めるためのレンジやミルクを調乳するためのポットが完備。

テントの横には赤ちゃんがハイハイして遊べる柔らかいマットのコーナーもありました。

 

そして、なんとギネスの世界記録にも挑戦

数々の災害、同時多発テロなど、様々な出来事があった激動の平成を終えるにあたり、来年からはじまる新しい年号が平和の時代となるように、平和の象徴である鳩を手で形作り平和のメッセージを発信しました!

 

結果は見事に世界記録達成!おめでとうございました!

大阪広域生コンクリート協同組合はFM OH!が行っている飲酒運転防止プロジェクトSDDに協賛しています。

今回のイベントでも主催者であるオーナー会とKURSに呼びかけを行い、SDDに賛同する活動としてチャリティーが企画されました。

 

生コンクリートを現場へ輸送するにはミキサー車での運搬が不可欠です。

交通機関を日々の業務で使用する我々にとって、安全運転を社会に広く呼びかけ、また交通遺児に対する支援活動に貢献する事は当然の義務だと考えています。

 

会場内に設置された特設ブースではSDDに賛同するアーティストからのメッセージや啓発記事を展示、また募金箱も設置されました。

そしてフードコーナーで唯一有料で提供されたアルコール類の収益も交通遺児基金へ募金させて頂きます。

SDD募金箱は108,541円
アルコール金券購入ブースは426,738円

トータル535,279円が集まりました!ご協力頂いた皆様ありがとうございました!

 

今回のイベントは、初めての試みで、企画・運営に携わった皆さんの苦労は計り知れなかったと思います。

「業界を一つにして、皆で良くしていきたい!」という主催者の気持ちが、少しでも多くの皆様に伝わって欲しいと思います。

 

今、我々の周りで起こっていることは決して他人事ではありません。

業界が確実に変わり始めている事を今回のイベントで身近に感じました。

 

一般社団法人西日本建設関連オーナー会のホームページでファミリーフェス2018の詳しい紹介が載っていますので、興味のある方は御覧ください。

オーナー会のホームページ https://wja.or.jp/

 

 

 

オフショット

お孫さんと遊ぶ地神氏と大山氏

© Osaka Kouiki Ready-mixed Concrete Cooperative Association.
PAGE
TOP